© 2018 CoLab All rights reserved.

Recruit

コンサルタント

コンサルタントは現在募集をしておりません。

エンジニア

CoLabでは課題の解決と実現性検証をともに行う開発者を随時募集しています。

【仕事内容】
– 自律制御ロボットの基礎研究または開発。
– 画像処理ソフト・機械学習ソフト・ロボット制御ソフトいずれかの研究開発。
【応募条件】
求めるスキル
– C++, Pythonについて深い造詣があり、研究開発において実績のある
 スペシャリストまたは学生。
【求める人物像】
– ご自身のスキルアップに貪欲な方
【待遇】
社員:実績およびポテンシャルをもとにご自身で設定
インターン / アルバイト:応相談
【勤務地】
– 東京オフィス(霞が関ビル)での勤務となります。
【応募方法】
info@colab.co.jpへ履歴書と職務経歴書を添付の上、ご連絡ください。

Interview

社員インタビュー(エンジニア)

Q.仕事内容を教えてください

プログラミングとソフトウェア開発を行なっています。今主に手がけているのは画像処理ソフトやTOFカメラの開発です。今後は人工知能とロボットを組み合わせ、様々な作業を自力で学習するロボットを開発したいと考えています。

開発マネージャー

山本 和之

Q.社内の雰囲気はどのような感じですか?

開発メンバーは現在5名(大学院生の女性アルバイトとインターン生も含む)で、アットホームな雰囲気です。あれこれ事細かに指示されるよりも、自分で考えて進めたいという気質の人が多いです。ミーティングも短時間で必要な伝達事項を共有するにとどめあとは個々に任せているので、自由度の高い職場環境と言えると思います。

Q.ワークスタイルを教えてください。忙しいですか?

開発メンバーは毎日自社オフィスに出社します。有難いことに案件が多く仕事は忙しいのですが、開始は朝9時、残業をしたとしても19時〜20時には終えます。自宅に仕事を持ち帰ることはありませんし、ハードだと感じることはないです。

Q.仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

マネージャーとして心がけているのは、エンジニア個人のモチベーションをできるだけ優先することです。開発過程においては、当初の予定と違う順番で取り組みたくなることもままあります。そのような時にはエンジニアが「今作りたいもの」に先に取り組むと、気がかりなく作業が進めることができ、結果的に短時間で高品質のものが生まれやすいと考えています。
何においても全体効率を重視します。

またCoLabではプログラミングの設計においてあまり制約を設けず、自分で決められる範囲が大きいところが開発者にとっての魅力だと思います。「しなければいけないこと」も大事ですが、それ以上に「開発者が何を実現したいか」を大事にします。

Q.具体的な開発実績が載っていませんが、どれくらいのスキルがあれば入社できますか?

C++またはPythonについて深い造詣があると良いですが、クラスを理解して入れば入社時のスキルとしては十分です。プラスアルファを言うなら、画像処理に悩んだ経験があることでしょうか。その他必要なことは入社後に身につけていただきますので、自ら学ぶ意欲があれば大丈夫です。学ぶ過程で英語の資料にあたる事もありますので、英語が得意でなくとも拒絶はしない、という点も条件ですね。学生の方のインターンも歓迎します。

Q.どんな人がCoLabに向いていると思いますか?

自分の頭で考えて行動できる人、足りない情報は自ら補おうとする姿勢のある人です。
「言われたことを全てこなせる」ではなく「言われる前に何をすべきか考えられる」人が向いていると思います。細かい指示を出されるよりも自ら考え提案することが好きだったり、問題点を発見して自分で解決方を考えることが好きな人が理想です。

CoLabの社員は互いに個性を尊重していますが、場面によってはその個性に固執せずに
様々な議論を受け入れられるような柔軟性があると良いです。
仕事自体に興味が持てない人や、仕事のモチベーションが金銭報酬のみという人はあまり向かないかと思います。
逆に、明確でなくて構いませんが作りたいものがある人、作ったものが思い通りに動いた時に喜びを感じられる人を歓迎します。年齢は特に問いません。